阪南大学からまた新たなJリーガーが誕生!

趣旨

先日、松下佳貴(21)のサッカーJ1、ヴィッセル神戸への入団が決まった。松下選手はJリーガーを多数輩出した実績を持つ、須佐監督率いる阪南大学サッカー部に在籍している。この関西から未来のサッカー界を担う選手がプロの世界の扉を開いた。そんな彼に急きょ取材をさせていただきました。

 

取材

ヴィッセル神戸入りが決定し、素直に嬉しかったです。そして“ホッ”としました。大学の4回生でもあり就職か、それともサッカーを続けるかが決まらないこの時期に、ヴィッセル神戸から声をかけていただき入団できることになって、正直“ホッ”としました。地元の愛媛県でサッカーをしていた頃はプロになることなど思ってもいませんでした。高校が工業高校だったこともあり、卒業したら就職しようと考えていたのです。阪南大学に入学したのは、遠征先の大会で僕のプレーを見てくださった須佐監督と黒田コーチから声をかけていただいたことがきっかけです。須佐監督を中心とした方々の指導のおかげで、ヴィッセル神戸に入団できるまでになったと心から感謝しております。

 

大学サッカーでの成長

土日は主に試合会場にいますね。試合もなく完全オフの日は、サポーターの方にフットサルに誘っていただき汗を流したり。休日高校サッカーは、監督が指示を出しゲームを作っていくのに対し、大学サッカーはピッチに立つ選手それぞれが考えながらゲームを作っていくことが求められます。阪南大学に来て、そういったゲーム中に自分たちでプレーする「考える力」を学ばせていただきました。また、球際の強さやフィジカル面での強さを含めた「プレーの強さ」も鍛えていただきました。先日行われたユニバーシアードの大会で代表として海外の選手と戦ったとき、特に感じたのは海外選手のフィジカル面での強さや球際の強さ、それだけでなく技術を持っていることを実感しました。一方、日本人の最後まで走りぬくスタイルは、海外の選手にも劣らない、むしろ突出していることもわかりました。今後プロに行って大学サッカーで得た経験が生きてくることは間違いないと思います。こういった大学での、多くの経験を活かしてヴィッセル神戸でも活躍できるようになりたいと考えています。

 

須佐監督から

松下君は本当に逞しく育ってくれたと思います。中盤(ボランチ)としてヴィッセル神戸に行っても活躍してほしい、特に彼の持ち味でもある中盤からの飛び出し、攻撃に絡んでいけるような積極的なプレーを望んでいます。また、素早いボール落下点への対応力、空中戦でも負けないボディバランスの能力など、さらに己の技術を磨き続けてほしいと願っています。