フェンシング【関西大学】

他のチームに比べると低身長なチームではあるが、身長をカバーできる基本的なフットワークを持っている今シーズンの関西大学フェンシング部。前シーズンについては、関西学連リーグ1部6位、関西大学対抗戦フルーレ5位、サーブル6位、エペ6位、インカレ出場。また、全日本大学対抗戦フルーレ11位、エペ12位、サーブル12位という結果となった。
今季のチームの課題については、勝ちたいという気持ちが優先して冷静さを失い、丁寧な剣さばきができなくなる点だという。積極的に他のチームとの練習試合を行い、団体としての試合慣れをすることで課題を克服していく。現在備わっているチームのパワフルさに加え、各個人が技の精密さにこだわれるチームにしていきたいと内田主将。
 

注目選手

  • 桑井友里恵
    桑井友里恵(1年)
    高校時代全国3位の実績を持つ実力者。過去の海外遠征を活かし、1年次生でありながらチームの主力として活躍している有望選手。スピードあるプレーかつ丁寧な剣さばきを持ち、サーブルの団体の最後を務める。
  • 内田  緑
    内田 緑(2年)
    1年次よりレギュラーとして活躍している。大学に入学してから新たに始めたフルーレ・サーブルは日々成長し、エペでは団体の最後を務める選手である。忍耐強く一途に打ち込む姿が認められ、2年次生でありながら新女子主将となる。