体操〈女子〉【武庫川女子大学】

昨シーズン、関西インカレ女子団体優勝、西日本インカレにおいても女子団体優勝、全日本インカレでは団体7位という結果を残している武庫川女子大学体操部。今シーズンは12名の新入生を迎え、チームのキーワードとして「新輝(しんか)」を掲げ、新しい強化体制での競技力向上を図っていくと大野和邦監督。今季のチームについて、笑顔の絶えない雰囲気を保ちつつも、向上心が溢れ出るチームにしていきたいと語る。今後も、国際競技会に日本代表として活躍できる選手を育成輩出し、全日本インカレおよび全日本選手権で優勝争いが出来るチームになれるように、個々の個性を活かしながらも団体戦に繋がる意識の高い集団を目指し、強化を進めていく。
 

注目選手

  • 丸山珠代
    丸山珠代(3年)
    美しい表現力としなやかさを兼ね備えた選手として大野監督が評価する。繊細な運動感覚から表現される体操の演技が、見ている人に感動を与える事が出来るレベルまで強化できるか期待したい。
  • 夏目侑香
    夏目侑香(2年)
    非常に瞬発力の高くパワーのあるダイナミックな体操が持ち味の選手として大野監督が期待を寄せる。高難度な技の習得を目標に練習を続けている。ナショナル強化選手に入れる人材として注目だ。